本文へスキップ

新しい視点で地域と原子力を見つめる 東海村委託事業

お問い合わせQ&A

地域社会と原子力に関する社会科学研究支援事業活動について

お問い合わせにお答えします。
いただいたご質問への回答を随時追加していきます。

 Q1 学生でも応募できますか? 
 A1 可能です。ただし,契約は大学等の所属組織と行い、支援金の管理を行っていただきますので、指導教官や所属組織の契約担当者と十分協議を行った上で応募してください。
また、2020年度より、茨城県内の大学を対象に、大学生の応募も可としました。グループでの応募も可能です。詳細は「茨城県内大学枠」を参照してください。
なお、大学院生は、一般枠でも大学生枠でも応募が可能です。提案内容や予算を勘案して、どちらかに応募してください。
 Q2 複数のメンバーでの応募はできますか? 
 A2 可能です。研究提案者のプロフィールをコピーして研究参加者の情報を追加してください。研究提案書の最初のページに記載されている方を研究代表者とみなします。 
Q3 複数で応募する場合,すべての研究参加者が45歳以下でなければなりませんか? 
 A3 いいえ,年齢制限は,研究代表者のみとします。この制度では,若手研究者が研究リーダーとしての役割を果たすことも期待しています。 
 Q4 民間企業に勤めていますが、応募できますか? 
 A4 所属は問いません。ただし、民間企業や研究機関に所属している方には、所属している組織で実施できない理由、所属している組織の業務との仕分け方について説明していただきます。 






お問い合わせはこちらへ  office-tonerico at tonerico2.org                     (atを@に変えて送信してください。)

一般社団法人複合リスク学際研究・協働ネットワーク

〒156-0052
東京都世田谷区経堂1丁目27番9号

Mail : offce-tonerico@tonerico2.org